巨人・上原 背番号19のユニホーム姿で汗 久々日本流キャンプに「やっぱり時期が早い」

[ 2019年2月1日 19:29 ]

巨人の上原
Photo By スポニチ

 キャンプ2軍スタートとなった巨人の上原は、かつて慣れ親しんだ背番号19のユニホームで汗を流し「(2軍の)選手にも“19の方が上原さんらしい”と言ってもらった。そういう自分の番号があるのはありがたいし、それを汚さないようにしたい」と笑顔を見せた。

 昨年10月に左膝を手術。この日はブルペン投球を行わなかった上原にとって、2月1日スタートの日本流のキャンプを体験するのは久々となる。

 「やっぱり時期が早い。9年間(体に)染みついたものがあるし、それを早く取り除かないと」。09年から9年間プレーしたメジャーでは、キャンプは2月中旬に始まっていた。昨年は春季キャンプ後の3月に巨人復帰が決定。実に11年ぶりの2・1スタートだが「(開幕まで)あと2カ月ある。ユニホームを着ると気持ちも違うけど、焦らずにやりたい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年2月1日のニュース