浅村 楽天ユニ姿は「マジで違和感しかない…」もキャンプ初日に「6割ぐらいの力」で柵越え8本

[ 2019年2月1日 21:23 ]

<楽天久米島キャンプ>(左から)小谷野コーチ、平石監督の前でフリー打撃で快音を響かせる浅村(撮影・三島 英忠)
Photo By スポニチ

 今季から楽天にFA移籍した浅村栄斗内野手(28)が1日、新天地でのキャンプ初日を無事に終えた。注目のフリー打撃では「6割ぐらいの力」で柵越え8本をマークした。初めて楽天のユニホームに身を包み「マジで違和感しかない…」と苦笑い。「いつも通りやれました」と言いつつも「気は使いまくっています」と緊張の初日を振り返った。

 それでも、球界を代表する強打者の存在感は別格だった。平石監督は「徐々に調子を上げていくんだろうないうのを感じる。どっしりしていてほしい。(西武時代と)何も変える必要はない」。石井一久GMも「張り切ってやっていなくて、ホッとした。どこに何があるか分からない環境でやるのも、浅村にとって良い刺激になると思う」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年2月1日のニュース