巨人・岩隈 充実のキャンプ初日「いい緊張感の中で楽しくやれた」若手に気を遣われ「逆にビビってます」

[ 2019年2月1日 17:32 ]

キャッチボールをする岩隈(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 マリナーズから巨人に移籍してきた岩隈は、充実の表情でキャンプ初日を終えた。

 背番号21のユニホームに身を包み「いい緊張感の中で楽しくやれた。いい一日だった」。この日は投手陣の中でただ一人、ブルペンでの投球練習を行わず。今後については「(いつ入るかは)だいたい決めている。宮崎にいる間に入れたら」とし、11日までの宮崎キャンプ中にブルペン投球を行いたい意向だ。

 新天地でのスタート。「雰囲気はむちゃくちゃいい。みんなが声を掛けてくれてありがたい。(巨人は)伝統がある球団で上下の規律もしっかりしている」。若手からは気を遣われるという37歳は「そんなに気を遣わなくていいのに…。僕が逆にビビってます」と笑顔を見せた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年2月1日のニュース