FA市場の目玉 ブライス・ハーパーがパドレスと面談予定

[ 2019年2月1日 16:17 ]

ブライス・ハーパー外野手 (AP)
Photo By AP

 ESPN(電子版)など米国の複数メディアは1月31日、このオフにナショナルズからフリーエージェント(FA)になったブライス・ハーパー外野手(26)が、同日にパドレスとの面談を予定していると伝えた。

 昨季のハーパーは159試合に出場して打率2割4分9厘、34本塁打、100打点をマーク。大リーグを代表するスラッガーで、2015年には打率3割3分、42本塁打、99打点の好成績で、本塁打王とリーグMVPを獲得した。ナショナルズ一筋7年間で通算184本塁打。FA市場の目玉で、フィリーズやホワイトソックスが獲得に興味を示している他、ナショナルズとの再契約の可能性も残されているという。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年2月1日のニュース