ソフトB工藤監督、日本一3連覇へ走る「厳しいキャンプになる」

[ 2019年2月1日 05:30 ]

歓迎セレモニーで挨拶する工藤監督(撮影・中村 達也)
Photo By スポニチ

 1日の春季キャンプスタートに向けて、ソフトバンクは31日、福岡空港から宮崎市に移動した。工藤公康監督(55)は、全体ミーティングであらためて走り込みの量を増やすことを選手に通達し、過酷なキャンプになることを示した。チームは日本一3連覇に向け、1年間を乗り切る体力強化に臨む。

 集まった宮崎のファンに向け、工藤監督がマイクの前に立った。「今年は厳しいキャンプになると思うが、頑張っていきたい」。日本一3連覇に向け、過酷なキャンプに臨む決意を口にした。

 昨年の日本一を祝う歓迎パレードでは主催者発表で5万人が駆けつけ、オープンカーやバスに乗った選手らは沿道に詰めかけたファンから祝福された。笑顔を見せながら手を振った指揮官だったが、パレード前に行われた全体ミーティングではナインを集め、厳しい口調で訓示した。「走塁、盗塁をこのキャンプから強化していく。第1、第2クールまでは走る。去年の秋から言ってきたので、あらためて伝えた」と話した。

 昨年は2年連続日本一になったが、シーズンは2位。故障者が続出しただけに、今年は1年間を戦う体力強化をキャンプから課す。ランニング量は例年以上で、第1クールは午前中はみっちり走り込むメニューとなる見込みだ。投手陣についても工藤監督は「投げる体力は大事。何球を投げるとかはないけど、しっかり投げられるように」と、昨年以上の球数を投げ込むことを求めた。A組(1軍)スタートとなるドラフト1位・甲斐野(東洋大)は「楽しみな部分も不安な部分もある。前を向いて頑張りたい」と引き締めた。

 オフには米国を訪れ、スタンフォード大の睡眠に関する研究を行う専門家に話を聞いたという工藤監督は「睡眠が足りないとケガにつながったりする。後はしっかり食事を取ることも大事。選手個々には話をしたりね」とグラウンド以外の生活面にも気を配ることも重要とした。

 走り込みから始まる1カ月間のキャンプ。日本一3連覇への土台を再構築する。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年2月1日のニュース