主力流出の西武 辻監督は若手に期待大「目の色変えてやって」

[ 2019年2月1日 05:30 ]

宮崎空港に到着した辻監督(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 キャンプ地の宮崎・南郷に入った西武・辻監督は「日本一になれなかった悔しさを基に、キャンプでしっかりと足元を固め、秋には(リーグ)2連覇、日本一になれるように頑張ります」と11年ぶりの日本一へ決意を語った。

 昨季まで主力だった菊池、浅村、炭谷の3選手が流出。指揮官は「主力が抜けた中で、若い選手が目の色を変えてやってくれるか感じたい。チーム力をもうちょっとレベルアップしないと壁は高い」と表情を引き締めた。

 巨人から移籍した内海は新天地で迎えるプロ16年目のキャンプへ「体はつくってきたので、アピールできるように頑張る」と話し「早く素を出せるようにしたい」とチームメートと積極的にコミュニケーションをとる考えを示した。 (武本 万里絵)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年2月1日のニュース