中日・松坂「18」ユニホーム姿を初披露「数字を見てワクワクした」

[ 2019年2月1日 13:33 ]

背番号「18」のユニホーム姿を初披露した松坂
Photo By スポニチ

 中日の松坂大輔投手(38)が1日、沖縄・北谷での春季キャンプで今季から新たに背負うこととなった背番号「18」のユニホーム姿を初披露。キャッチボールやランニングで汗を流すと、改めて18番への強い思いを口にした。

 「昨晩、ユニホームを広げて18という数字を見てワクワクしてくる気持ちが出た。小さい時から(巨人の)桑田さんを見て育ってきた。プロに入るときは“必ず18番を付けたい”と思って入ったし、背負えなかった時は“またいつか、背負ってやる”と思っていた。それくらい強い思いがある」

 中日にテスト入団した昨季は99番で見事に復活を遂げた平成の怪物は18番で迎える今季に向け「昨年より多く試合に投げ、昨年以上の勝ち星を積み上げられるようになれば、自ずとチームの順位も上がってくる」と意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年2月1日のニュース