巨人・岡本 キャンプ初日、ユニホーム姿に緊張で「ピリピリ」原監督から直接アドバイスも

[ 2019年2月1日 18:34 ]

<巨人宮崎キャンプ>ネット越しで岡本にアドバイスを送る原監督(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人の若き4番・岡本はキャンプ初日を終え「やっぱりユニホームを着ると(緊張で)ピリピリする。不安もあるけど、やってやろうという気持ちが凄くある。不安がなくなるまで思い切ってやって開幕を迎えたい」と力を込めた。

 フリー打撃では128スイングで7本の柵越え。左中間へ135メートルの特大弾も放った。原監督からは「ステップ幅を意識するように」とアドバイスされた。コーチから「試しに使ってみては」と言われ、ガード付きヘルメットを装着するシーンもあった。

 昨季は史上最年少で打率3割、30本、100打点をマーク。それでも「僕はまだ、もっともっと練習をやらないといけない立場だし、調整じゃない。まずは振ること。納得いくまでしっかり振りたい」とさらなる高みを目指す。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年2月1日のニュース