ロッテ・高浜 2019年“12球団1号弾” 紅白戦初打席で右越え本塁打

[ 2019年2月1日 13:10 ]

ロッテの高浜卓也内野手
Photo By スポニチ

 ロッテの石垣島キャンプが1日、石垣市中央運動公園野球場でスタート。いきなり初日に1、2軍を振り分ける紅白戦が行われ、高浜卓也内野手(29)が実戦で12球団一番乗りとなる“1号アーチ”を放った。

 高浜は、白組の7番・一塁で先発出場。両軍無得点で迎えた2回2死、1ボール1ストライクから大谷の内角カットボールをジャストミート。打球は軽々と右翼フェンスを越えた。一塁手として初回、2回の3回の守備機会でも軽快な動きで一ゴロをさばいてみせた。

 昨年は10試合の出場で12打数3安打の成績にとどまった。1軍定着を図りたいところだけに、キャンプ初日から猛アピールした格好だ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年2月1日のニュース