西武ドラ1松本航&ドラ3山野辺が恒例マグロ解体 大量わさびでもん絶

[ 2019年2月1日 05:30 ]

<西武・キャンプ入り>マグロの解体ショーを行う山野辺(左)と松本航(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 西武のドラフト1位右腕の松本航(日体大)と同3位の山野辺(三菱自動車岡崎)が宿舎で行われたマグロの解体を体験した。

 宮崎県日南市の油津港近郊でこの日釣り上げられたばかりの60キロのキハダマグロの解体に参加し、試食。松本航にわさびたっぷりのマグロを食べさせてもらった山野辺はもん絶しながらも「後輩からの愛のあるわさびつきマグロはおいしかった」と笑顔をみせた。キャンプに向け松本航は「しっかり体を鍛えて、開幕1軍を狙えるように」と決意を口にした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年2月1日のニュース