輝星“果物”パワーで初キャンプ挑む「シークワーサーとマンゴー楽しみ」

[ 2019年2月1日 05:30 ]

キャンプ地入りした吉田輝(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 日本ハムのドラフト1位・吉田輝(金足農)が2軍キャンプ地の沖縄県国頭村に到着。那覇空港で約300人のファンに出迎えられた18歳は果物パワーでキャンプを乗り切る。

 千葉・鎌ケ谷から宿舎まで約7時間。「ずっと寝てました。移動疲れがあります」と話し、左目にはものもらいもできていた。それでも人生初の沖縄には「降りた瞬間、海が奇麗で楽しみになった。シークワーサーとマンゴーも楽しみ」と笑顔も見せた。2つの果物には疲労回復に効果のあるクエン酸がたっぷり。沖縄の特産品を食べて体力をつける。

 1日からのキャンプインに向け「暖かいので、すぐに全力が出せそうだけど、ケガだけには気をつけてやりたい。夜は10時台には寝て練習に集中したい」と自らに言い聞かせるように話した。実戦デビューが予定される16日の紅白戦を目標に調子を上げていく。(武田 勇美)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年2月1日のニュース