ソフトB・市川、現状維持でサイン 古巣・巨人戦で逆転V弾「活躍できたことは良かった」

[ 2018年12月4日 14:50 ]

現状維持でサインしたソフトバンク・市川(撮影・中村 達也)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクの市川友也捕手(33)が4日、ヤフオクドーム内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、年俸2300万円の現状維持でサインした。

 市川は開幕後の4月に日本ハムから金銭トレードで移籍加入し、今季は25試合に出場。最も記憶に残った試合には、逆転V弾を放った6月13日の古巣・巨人との交流戦を挙げ、「ヤフオクドームで活躍できたことは良かった」と振り返った。来季に向け、「リーグ優勝を逃しているので、リーグ優勝、日本一になれるように、オフのうちに準備していきたい」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年12月4日のニュース