巨人・田原 2度目の契約更改交渉で現状維持でサイン 保留の理由はブルペンの環境改善

[ 2018年12月4日 17:33 ]

<巨人契約更改>二度目の契約更改でサインした田原は厳しい表情で会見する(撮影・荻原 浩人)
Photo By スポニチ

 巨人の田原誠次投手(29)が4日、都内の球団事務所で2度目の契約更改交渉に臨み、現状維持の3600万円でサインした。

 7年目の今季は29試合に登板し、2勝0敗、防御率2・56と安定した成績を残した。最初の交渉ではサインしなかった。金銭面に不満はなく「3年連続でブルペンの環境改善を訴えてきたが、変わらなかった」とその理由を説明した。十分に肩をつくる時間がないまま、マウンドに行くことが多かったという。「どこで投げるのか明確にしてほしい。保留したことがきっかけになって環境改善につながれば」と話した。(金額は推定)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年12月4日のニュース