楽天・田中 新人王2700万円増 “稼頭央流”トレでフル出場だ

[ 2018年12月4日 05:30 ]

大幅アップにサンタの衣装を着て星を持ち笑顔の楽天・田中(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 パ・リーグ新人王に輝いた楽天・田中が仙台市の球団事務所で契約更改交渉に臨み、2700万円増の年俸4000万円でサインした。「(球団では)野手で初めての新人王ということも評価してもらった」と話した。

 来季の目標は全143試合に出場すること。昨年まで楽天に在籍し、今年1月に合同自主トレを行った西武・松井2軍監督からは「(二塁、遊撃、中堅の)センターラインが変わらないチームは強い」と言われており、不動の中堅として試合に出続ける考えだ。

 来年1月の自主トレについては流動的ではあるが「1人でやるとしても、メニューは頭にインプットされている」と“稼頭央流”を踏襲し、来季のさらなる飛躍につなげる。 (黒野 有仁)

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2018年12月4日のニュース