巨人・中川は340万円増 防御率良化へ「内角をどれだけ厳しく突けるかがポイント」

[ 2018年12月4日 14:16 ]

契約更改交渉を終え、会見に臨む巨人・中川
Photo By スポニチ

 巨人の中川皓太投手(24)が4日、都内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、340万円アップの1900万円でサインした。

 3年目の今季はリリーフで30試合に登板し、1勝0敗1セーブ、防御率5・01だった。「満足のいく結果ではない。登板数は去年より増えてよかったけど、防御率が落ちてしまった」と振り返った。

 4月25日の中日戦でプロ初セーブ、8月19日の中日戦でプロ初勝利をマークするなど成長も見せた左腕は「左打者をしっかり抑えられるように。内角をどれだけ厳しく突けるかがポイント」と課題を挙げた。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2018年12月4日のニュース