巨人・沢村は19%減 9年目へ「胴上げ投手になることが目標」

[ 2018年12月4日 15:12 ]

 巨人の沢村拓一投手(30)が4日、都内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、19%減の1億2150万円でサインした。

 8年目の今季は49試合に登板し、1勝6敗24ホールド、防御率4・64だった。上原、カミネロとともに勝利の方程式として期待されたが、夏場以降、安定せず2軍落ちも経験した。以前に行われた投手コーチとの面談で「(来季は)中継ぎ、抑えをやらせていただきたい」と直訴。9年目を見据え「クローザーというポジションで勝負していきたい。優勝の瞬間にマウンドで胴上げ投手になることが目標」と力強く語った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年12月4日のニュース