ソフトバンク・栗原 20万円アップの700万円でサイン「来年は開幕1軍」

[ 2018年12月4日 17:38 ]

<ソフトバンク、契約更改>700万円でサインした栗原(撮影・中村 達也)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクの栗原陵矢捕手(22)が4日、ヤフオクドーム内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、680万円から20万円アップの700万円でサインした。

 今季は2月の宮崎キャンプで左肩を脱臼。3月に手術を行い、出遅れたが、8月に1軍に合流し、11試合に出場した。9月5日のロッテ戦(ZOZOマリン)でプロ初安打をマーク。10月6日の西武戦(ヤフオクドーム)では、初スタメンマスクを被った。

 「球団には(甲斐)拓也さんや高谷さんと張り合って、ライバルとして切磋琢磨(せっさたくま)できる選手になってほしいと言われた。開幕1軍の目標を達成できるようにオフを過ごしたい」と表情を引き締めた。(金額は推定)

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2018年12月4日のニュース