日本ハム オリ退団の金子と契約合意 速攻オファー実った!2日に自由契約として公示されたばかり

[ 2018年12月4日 15:01 ]

オリックスから自由契約となった金子
Photo By スポニチ

 日本ハムは4日、元オリックスの金子と来季の契約合意に達したことを発表した。2日に自由契約選手として公示されたばかりの通算120勝右腕の獲得に成功した。

 オリックスとの4年契約最終年を4勝7敗、防御率3・87で終えた金子は年俸6億円から野球協約の減額制限(1億円超は40%)を超える5億円減の提示を受け、自由契約の道を選択した。

 前日3日には札幌市内の球団事務所で報道陣に対応した日本ハム・吉村浩GMが日時や場所こそ明かさなかったが、金子について「交渉中です。会って条件提示もした。結論が出るのは早いと思う」と語っていた。金子が自由契約選手として公示されたのは2日。速攻オファーが実った。

 日本ハムの条件は1年契約で、年俸は1億円程度だが、手厚い出来高が付くとみられる。金子が最も魅力に感じたのは現場とフロントの一体感や選手第一で夢を応援する姿勢。過去にはダルビッシュや大谷をポスティングシステムでメジャーに送り出した。海外FA権を保有し、数年前からメジャー挑戦への思いを抱いている金子にとっては、願ってもない新天地となる。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年12月4日のニュース