DeNA・浜口 300万円増5050万円で更改「悔しいシーズンだった」

[ 2018年12月4日 15:24 ]

契約更改を終えて会見するDeNA・浜口
Photo By スポニチ

 DeNAの2年目左腕・浜口が4日、横浜市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、300万円増の5050万円でサインした。

 1年目の昨季は10勝を挙げ、大きな期待を背負っていた2年目は左肩痛で開幕から出遅れた。1軍合流後も不本意な投球が続き、4勝5敗、防御率3・90という成績でシーズンを終えた。「成績の通り、悔しいシーズンだった」。ただ、シーズン終盤には復活の兆しが見え「後半戦に入ってからは来年につながる部分もあった」と振り返った。

 11月には侍ジャパンの一員として日米野球にも出場した。20年の東京五輪は、本拠地・横浜スタジアムがメーン会場となるが「目標のひとつ。実力があれば出たい。まだまだ力が足りないので、来年以降の成績が大事になる」と力を込めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年12月4日のニュース