西武・森 倍増年俸8000万円「キャッチャーとして評価してもらった」

[ 2018年12月4日 05:30 ]

40本?と冗談交えた色紙を貼り付けた玩具のバットを手にする森(撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 西武・森は倍増の年俸8000万円でサインし「キャッチャーとして評価してもらったのは一番よかった。いい感じです」と笑顔を見せた。

 今季はプロ5年目で最多の74試合で捕手として先発出場。打率.275、16本塁打、自己最多の80打点をマークした。炭谷の巨人へのFA移籍が決まり、正捕手としての期待がかかる来季。「今年は打撃陣が圧倒的だった。来年はバッテリーで勝てるようなキャッチャーになりたい」と意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年12月4日のニュース