ヤクルト近藤 17年目初タイトルで3600万円増「よく投げて、よく打たれた」

[ 2018年12月4日 05:30 ]

最優秀中継ぎのタイトルを獲得し、大幅増で更改したヤクルトの近藤
Photo By スポニチ

 17年目で初タイトルとなる最優秀中継ぎに輝いたヤクルト・近藤は3600万円増の年俸6000万円で更改した。

 シーズン途中からセットアッパーを務め、両リーグ最多の74試合に登板して42ホールドポイント。「よく投げて、よく打たれたシーズン。僕がタイトルを獲れるなんて」と話した。背番号は今季までの70から20に変更される。「(74試合投げた)影響が出ないように。なかったことにして前に進みたい」と話した。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2018年12月4日のニュース