阪神・矢野監督 育成1位・片山いいね 捕手哲学に感心「それが一番の理想」

[ 2018年12月4日 05:30 ]

記念撮影に納まる矢野監督(中央)と(前列左から時計回りに)小幡、斎藤、湯浅、川原、片山、木浪、近本(撮影・後藤 大輝)
Photo By スポニチ

 阪神・矢野監督は捕手出身らしく片山が披露した捕手哲学に感心した。「喜ばせたい人」を問われて「投手」と即答した場面だ。捕手適正を見定めるように何度もうなずいた。

 「それが一番の理想だよな。本当に。俺はピッチャーに“ありがとう”と言われるということが一番の励みで。俺も、それをやりがいでやってきた」

 20年間に及んだ現役時代を振り返り、捕手として最も大切にしてきた考え方だという。「片山が本当に、そこまで分かっているか不安なところもあるけど…。でも、思うということ自体が凄く大事だと思う」。新人7選手では唯一の捕手。育成枠からのスタートながら及第点を与えた。

 実体験で重要性を知るだけに指導者として捕手を見る目は常に厳しい。「キャッチャーは声を出すということも、凄く大事。キャッチャーとして俺の中で大事にしている、そういう部分というのは言っていた。読んだんちゃう、俺の本を」。冗談や笑いも交え、第一関門の突破を認めた。

 監督として初めて同席した新入団会見。7人の“1期生”の所信表明に「しっかりしているなと思ったよ。俺らの頃はあんなにちゃんとしゃべられなかったなと。それぞれがしっかりした思いを伝えたというなら良かったんじゃない」と聞き入った。現状で大きな補強はなく、新人の活躍が猛虎活性化の鍵を握る。「競争を激しくするために入ってきてくれた選手たち。刺激になる。楽しみ。早く見たい」と背中を押した。(山本 浩之)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年12月4日のニュース