西武・今井 500万円増の1800万円 球団から高い期待「目標は2桁」

[ 2018年12月4日 14:12 ]

<西武契約更改>来季の目標を「二桁」と記す今井(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 西武の今井達也投手(20)が4日、埼玉・所沢のメットライフドームで契約更改に臨み年俸1300万円から500万円増の1800万円でサインした。

 「2年目でそうそうできない経験をさせてもらった。数字はあんまりよくなかった。打線の援護がなかったら1、2勝で終わっていたと思う。来年は投げ勝てるようにしたい」

 プロ2年目の今季は6月12日の交流戦・ヤクルト戦(メットライフドーム)で6回1失点と好投。球団では99年の松坂(現中日)以来となる高卒ドラフト1位投手のプロ初登板初先発初勝利を挙げた。レギュラーシーズンは15試合に登板(先発14試合)し、5勝5敗、防御率4・81。CSでも先発を任され、球団からは将来のエース候補として期待の大きさがうかがえる。プロ3年目に向け辻監督からは「来年は年齢関係なく2桁勝ってもらわないと」と独り立ちを期待される言葉もかけられた。

 「(球団にも)来年は目標は2桁(勝利)と言われた。渡辺さん(SD)が3年目で16勝。それに近づけるようにしたい」と意気込んだ。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2018年12月4日のニュース