甲子園歴史館で100回大会振り返り根尾のバット、吉田のユニなど展示

[ 2018年10月29日 17:07 ]

<大阪桐蔭・金足農>試合が終了し、整列で大阪桐蔭・根尾(左)と抱きあう吉田(撮影・近藤 大暉)
Photo By スポニチ

 阪神電鉄は29日、10月30日から甲子園歴史館で「夏の高校野球100回大会 振り返り展示」を開催すると発表した。

 記念大会の足跡をパネルや展示品とともに振り返るもので、期間は来年1月20日まで。

 今夏の甲子園大会をパネルで振り返るほか、史上2回目の春夏連覇を飾った大阪桐蔭の根尾のバット、グラブや、秋田県勢として103年ぶりの決勝進出を果たした金足農のエース・吉田輝星投手のユニホーム(途中参加予定)、報徳学園・小園海斗選手のバットなども展示される。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年10月29日のニュース