DeNA三浦新投手コーチ 背番号18を「いつでも譲るつもり」

[ 2018年10月29日 05:30 ]

マラソンを走り終え、両手を上げてDeNAファンの声援に応える三浦氏
Photo By スポニチ

 DeNAの三浦大輔新投手コーチが背番号「18」の後継者登場を熱望した。リーゼントヘアで横浜マラソン(7分の1フルマラソン=6・0278キロ=の部)にゲストランナーとして参加。

 すでに背番号は現役時代と同じ18番に決まっているが「つけたい選手が現れれば、いつでも譲るつもりでいる。出てきてほしい」と話した。今季チーム防御率が4・18でリーグ5位だった投手陣の立て直しを託されており「選手がいいパフォーマンスを出せるようにするのがコーチの仕事」とやる気をみなぎらせた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年10月29日のニュース