今年度の「沢村賞」選考始まる 巨人・菅野らが有力候補

[ 2018年10月29日 12:11 ]

巨人の菅野
Photo By スポニチ

 2018年度沢村賞の選考会が29日、都内のホテルで開始された。その年で最も優秀な先発投手に与えられる賞で、シーズン15勝以上の勝利数、2・50以下の防御率、10以上の完投試合数など高い選考基準が設けられている。

 今年度の有力候補は巨人・菅野(15勝8敗、防御率2・14)、広島・大瀬良(15勝7敗、防御率2・62)、楽天・岸(11勝4敗、防御率2・72)、西武・菊池(14勝4敗、防御率3・08)ら。

 選考委員は平松政次氏、堀内恒夫氏、村田兆治氏、北別府学氏、山田久志氏。

 発表は29日の午後5時。受賞者には金杯と副賞300万円が贈られる。

 昨年度の受賞者は巨人・菅野だった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2018年10月29日のニュース