智弁和歌山センバツ当確!中谷新監督雪辱、公式戦6戦全敗の大阪桐蔭を撃破

[ 2018年10月29日 05:30 ]

秋季高校野球近畿大会準々決勝   智弁和歌山5―2大阪桐蔭 ( 2018年10月28日    ほっと神戸 )

<智弁和歌山・大阪桐蔭>大阪桐蔭を破った智弁和歌山ナイン
Photo By スポニチ

 智弁和歌山が公式戦6戦全敗だった王者を下し、来春のセンバツ出場へ当確ランプをともした。

 今秋から高嶋仁前監督からバトンを受け継いだ中谷仁監督は「高嶋先生が育ててくれた選手が躍動し、勝つことができました」と語った。先発の池田泰が、8回7安打2失点と力投した。ロッテからドラフト2位指名を受けた日体大・東妻の弟で、捕手の純平が好リードでもり立てた。二塁手の黒川主将は「やっと勝てました。大阪桐蔭のユニホームを見たら、隙は見せられない」と笑った。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年10月29日のニュース