広島・松山 汚名返上!適時打&好捕 前夜後逸で「やり返したい気持ちあった」

[ 2018年10月29日 05:30 ]

SMBC日本シリーズ2018第2戦   広島5―1ソフトバンク ( 2018年10月28日    マツダ )

<広・ソ>3回2死二塁、左前適時打を放ち、広瀬コーチ(左)と笑顔でハイタッチを交わす松山(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 1点を追加した3回、なお2死二塁で広島・松山はバンデンハークの153キロに食らいついた。「気合です」。ゴロで三遊間の真ん中を抜き、二塁から菊池を本塁へ迎え入れた。前夜は奪えなかった3点目。完全に主導権を引き寄せる追加点だった。

 「初日にあったことは仕方ない。今日しっかりやろうと思って、いいプレーができた」

 初戦は2点先行から追いつかれ、勝ちきれなかった。5回2死二、三塁からデスパイネの打球を好処理した菊池の送球を一塁手として後逸。痛恨の失策が大きく響き、適時打を含む2安打にも険しい表情で帰途に就いた。

 「悔しかったし、やり返したい気持ちがあった」。1点を返された7回、続く2死一、二塁では甲斐の一塁左への強烈なゴロを飛びついて失点を防ぎ、守備でも借りを返した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年10月29日のニュース