巨人ドラ1八戸学院大・高橋 5回2失点 反省もスカウト7K評価

[ 2018年10月29日 05:30 ]

明治神宮大会東北地区大学代表決定戦第1日1回戦   八戸学院大3―4東日本国際大 ( 2018年10月28日    ヨーク開成山 )

<東日本国際大・八戸学院大>先発した八戸学院大の高橋は5回2失点(撮影・荻原 浩人)
Photo By スポニチ

 巨人からドラフト1位指名された高橋(八戸学院大)が先発したが、5回7安打2失点。チームを明治神宮大会出場に導くことはできず「チームを勝たせられなかったことが本当に申し訳ない」と肩を落とした。

 それでも、低めのスライダーやスクリューで毎回の7奪三振をマーク。視察した巨人の柏田貴史スカウト部・東日本統括は「欲しいときに三振を取れるのが大きな武器だと再確認した」と改めて高い評価を示した。全国の舞台には届かなかったが「この悔しさを忘れないで明日からでも準備していきたい。優勝に導けるような投手になるのが目標」とプロでの雪辱を誓った。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2018年10月29日のニュース