工藤ソフトB 超攻撃オーダー不発 ジョンソンのカットボール想像以上だった

[ 2018年10月29日 05:30 ]

SMBC日本シリーズ2018第2戦   ソフトバンク1―5広島 ( 2018年10月28日    マツダ )

<広・ソ>9回無死一塁、見逃し三振に倒れたデスパイネ(手前)とベンチの工藤監督(右から2人目)(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 ソフトバンク・工藤監督が繰り出した攻撃型オーダーは不発に終わった。広島・ジョンソンの前に7回まで4安打で1得点に封じられ「決してうちの選手は調子は悪くない。さらに上回っていい投球をされてしまった」と悔しさをにじませた。

 右翼にグラシアル、左翼にデスパイネを起用し、第1戦はベンチスタートだった松田宣、川島をスタメンに並べた。右打者7人で左腕攻略を図ったが結果につながらなかった。

 今季のジョンソンは右打者の被打率・249に対し、左は・266。右打者にはチェンジアップを織り交ぜるが、左にはほとんど投げないことも無関係ではないだろう。ただ、そんなデータよりも、好調な右打者で、甘く入る内角の直球とカットボールを狙う策を選択した。藤本打撃コーチは「インコースへのカットボールは想定していたが、想像以上に(厳しい)コースに来た」と悔やんだ。

 デスパイネは不慣れな左翼守備で初回、先頭・田中の浅い飛球に追いつけず、先制点につなげられた。4回2死二、三塁では遊ゴロに倒れた。「(出身地の)キューバにドームはない。こういうところには慣れている」と屋外球場の守備について話し「いつも通り。切り替える準備はできている」と前を向いた。

 2試合、計21イニングで10安打3得点。西武とのCSファイナルステージ5試合で44得点のポストシーズン新記録を樹立した自慢の打線が、まだ湿っている。「落ち込むのではなく、切り替えて自分たちの野球ができるように」と工藤監督。30日から本拠地で3連戦。地元の大声援を背に巻き返すしかない。 (川島 毅洋)

 《先制されると勝てない》ソフトバンクはシリーズ開幕2試合を△●。この日は第1戦に続いて初回に先取点を奪われた。日本シリーズで先制した試合にチームは通算39勝10敗(勝率.796)だが、先制されると通算9勝41敗2分け(.180)とさっぱり。00年第3戦からこうしたケースでは1分けを挟み11連敗だ。第3戦からはヤフオクドームで3試合を行う。同球場では11年第7戦からシリーズ9連勝中。第3戦に勝てば巨人が70年第1戦から73年第5戦にかけてマークした同一球場10連勝の最多記録に並ぶ。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年10月29日のニュース