春日部共栄・村田 まさかの初回5失点 県大会初戦から投げ続け…

[ 2018年10月29日 05:30 ]

秋季高校野球関東大会決勝   春日部共栄6―9桐蔭学園 ( 2018年10月28日    山日YBS )

 県大会初戦から1人で投げ続けた、146キロ右腕の春日部共栄(埼玉)・村田が力尽きた。初回に先頭の黒田から左中間への三塁打を打たれると、そのまま6者連続安打に打者一巡の猛攻を浴びた。

 森からは2ランを浴び「良い打者だった。攻めきれなかった」と脱帽。1回8安打5失点で今大会初めて途中降板を喫した。4番を任される打撃でも4打数無安打に終わり「完全に力不足。冬で成長したい」と話した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年10月29日のニュース