タナ3安打 キク5回口火打 タナキクマルそろい踏み

[ 2018年10月29日 05:30 ]

SMBC日本シリーズ2018第2戦   広島5―1ソフトバンク ( 2018年10月28日    マツダ )

<広・ソ>7回、田中は左前打を放ち猛打賞(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 広島1番・田中が攻撃の起点となった。初回、詰まりながらも左前へ運ぶと、デスパイネが処理にもたつく間に二塁打とし、鈴木の先制適時打につなげた。3回も右前打で出塁し、三塁に進んでからは左邪飛で2点目のホームも踏んだ。

 バンデンハークを相手に序盤の攻撃を重要視し、「速い球に負けないように入った。上位が仕事をするとこういうゲームができる」とうなずいた。第1戦では6打数無安打だったが、7回にも左前打を放って3安打と調子を取り戻した。2番・菊池も初回に犠打、5回には2点追加の口火を切る左前打。上位打線がしっかりかみ合った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年10月29日のニュース