ギータ 待望初安打に切り替え強調 ジョンソンには脱帽「一流、凄い」

[ 2018年10月29日 05:30 ]

SMBC日本シリーズ2018第2戦   ソフトバンク1―5広島 ( 2018年10月28日    マツダ )

<広・ソ>7回1死、柳田はジョンソンから中前打を放つ(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 ソフトバンク4番の柳田が待望のシリーズ初安打を放った。7回1死、内角高めを強引に中前にはじき返した。

 「ラッキーでした」。4番の一振りから、この日唯一の得点が生まれた。ただ、4回1死一、三塁では空振り三振に倒れ「(内角球を見逃した)1球目がストライクだったので(ゾーンを)広げた。あそこに全部投げられるのが一流、凄い」とジョンソンに脱帽。故郷・広島では勝てなかったが「福岡に帰って、また」と切り替えた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2018年10月29日のニュース