大阪桐蔭 センバツ黄信号 智弁和歌山に苦杯「鍛え直す」

[ 2018年10月29日 05:30 ]

秋季高校野球近畿大会準々決勝   大阪桐蔭2―5智弁和歌山 ( 2018年10月28日    ほっと神戸 )

<智弁和歌山・大阪桐蔭>智弁和歌山に敗れ、肩を落とす大阪桐蔭ナイン
Photo By スポニチ

 大阪桐蔭は3点を追う9回、1死から連打で二、三塁としたが、反撃及ばず。大阪大会決勝の履正社戦に続く今秋2敗目で、史上初の3連覇が懸かる来春のセンバツ出場は微妙となった。

 「(2回に)ビッグイニングをつくられ苦しい展開になった。まだまだ力不足」と西谷浩一監督。センバツにおける近畿の出場枠は6。8強止まりの4校中2校は厳しい状況だが「負けを受け止めて、来年に向けて鍛え直します」と指揮官は話した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年10月29日のニュース