西武ドラ1指名の日体大・松本 辻監督のメッセージに感激「目標は新人王」

[ 2018年10月29日 12:53 ]

西武から指名あいさつを受けた日体大・松本(右)は、辻監督からのサイン色紙を手に渡辺SDとガッチリ握手
Photo By スポニチ

 西武からドラフト1位指名された日体大・松本航投手が29日、横浜市の同大キャンパスで渡辺SD、竹下スカウトから指名あいさつを受けた。

 辻監督のサイン色紙と、「大いに期待します」というメッセージが添えられたドラフト会場のIDを受け取った松本は「とても緊張したが、非常にうれしかった」と感激の様子だった。

 今夏の大学日本代表でエースを務めた最速155キロ腕。「目標は新人王。1年目からチームの勝利に貢献できるようにしたいし、将来的には球界を代表する投手になれるように」と目を輝かせた。ソフトバンクにドラフト1位指名された東洋大・甲斐野とはともに兵庫県出身で、中学時代から県選抜でともに戦ってきた間柄。「負けないように頑張りたい」と語気を強めた。

 渡辺SDは「思っていた通り、好青年」と頬を緩めると「即戦力として松本君を指名しました。バランスの良さ、ボールの切れは今年の大学生でナンバーワン。1年間ローテーションを守れれば、おのずと結果は付いてくる。チームが絶対に勝たないといけない試合で先発するような投手になってほしい」と大きな期待を寄せた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2018年10月29日のニュース