慶大 逆転負けで3連覇ならず 法大12季ぶり、リーグ最多タイ45度目V

[ 2018年10月29日 16:43 ]

東京六大学野球最終週第3日   早大5-4慶大 ( 2018年10月29日    神宮 )

<慶大・早大>優勝を逃し肩を落とす慶大ナイン(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 神宮球場で早慶戦の3回戦が行われ、早大が慶大に逆転勝ちした。この結果、勝ち点4で法大、早大、慶大が並び、勝率で上回る法大が12年秋以来となるリーグ最多タイの45度目の優勝を決めた。

 この日の試合は早大が1点を追う9回に犠飛で追いつき、岸本の適時打で5−4と逆転した。慶大の46年ぶり3連覇はならず。法大の優勝45回は、早大と並んでリーグ最多となった。

 法政は明治神宮大会(11月9〜14日・神宮)に出場する。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年10月29日のニュース