オリ中島 自由契約へ 球団側約2億円減額提示で折り合わず

[ 2018年10月29日 05:00 ]

オリックスの中島
Photo By スポニチ

 オリックス・中島宏之内野手(36)が今季限りで自由契約になることが28日、濃厚となった。

 今月中旬から代理人が球団と契約交渉。球団幹部からは「来季も必要な戦力」などと評価されているが、来年37歳を迎えるなど年齢的なことも含め、野球協約が定める減額制限(1億円超は40%)を大幅に超える2億円前後とみられる減額を提示され、中島側が求める条件面で折り合いが付かなかった模様だ。

 昨季、3年契約が終了。今年は契約延長オプションを行使して現状維持の年俸3億5000万円で単年契約を交わしていた。

 今季は77試合に出場し打率・289、5本塁打、34打点。6月に左太腿の肉離れで一時離脱したが、8月に1軍復帰。9月1日の西武戦(京セラ)で逆転サヨナラ3ランを放つなど勝負強さを発揮し勝利に貢献していた。

 かねて「できる限り長くやりたい」と話すなど現役続行へ意欲を示しており、去就が注目される。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年10月29日のニュース