日本ハム 木田GM補佐の投手チーフコーチ就任を発表 鶴岡はバッテリーコーチ兼捕手

[ 2018年10月29日 15:14 ]

投手チーフコーチに就任する木田優夫GM補佐(左)、バッテリーコーチ兼捕手に就任する鶴岡慎也捕手
Photo By スポニチ

 日本ハムは29日、来季のコーチングスタッフを発表し、投手チーフコーチに木田優夫GM補佐(50)、鶴岡慎也捕手(37)のバッテリーコーチ兼捕手の就任を発表した。

 木田GM補佐は現役時代は日米8球団でプレーし日米通算74勝、51セーブをマーク。5シーズンぶりにユニホームを着ることになる。また、ドラフト1位で指名した金足農・吉田輝星の育成も期待される。31日に沖縄・国頭で始まる秋季キャンプから、指導者としてのキャリアをスタートする。

 鶴岡は2003年に日本ハムに入団。13年オフにFAでソフトバンクに移籍。今季、古巣の日本ハムに戻り101試合に出場。来季からコーチ兼任となる。

 また、栗山監督8年目となる来季の1軍 コーチングスタッフ陣容も併せて発表した。

 監督 80栗山英樹(57)、ベンチコーチ 84厚沢和幸(46)、投手チーフコーチ 92木田優夫(50)、投手コーチ 74高橋憲幸(47)、バッテリーコーチ兼捕手 22鶴岡慎也(37)、打撃チーフ兼作戦コーチ 88金子誠(42)、打撃コーチ 79城石憲之(45)、守備チーフ兼内野守備走塁コーチ 73緒方耕一(50)、外野守備走塁コーチ 75川名慎一(48)

 ※敬称略、氏名の前の数字は背番号、カッコ内は年齢

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年10月29日のニュース