オリ西村監督“盗塁スペシャリスト”育成へ 5年目の佐野に熱視線

[ 2018年10月21日 05:30 ]

 宮崎フェニックスリーグを視察中のオリックス・西村新監督が“走塁スペシャリスト”育成を掲げた。「スペシャリストを1人は作らないといけない。終盤の盗塁は勝ちにつながるからね」。現役時代に4年連続盗塁王に輝いた技術を徹底的に叩き込む考え。候補の1人が来季5年目を迎える外野手の佐野で、「足の速さを持っている」と期待を寄せた。

 14年ドラフト3位で投手として入団。昨オフに野手転向して育成契約を結び、今年7月に支配下選手へ復帰した。両打ち挑戦中で、右打席でも一塁到達タイムは4秒を切る俊足。20日の楽天戦でもバント内野安打を含む3出塁2盗塁を決め、「自分は足が持ち味。そこに食い込むことができたらベスト」と意気込んだ。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年10月21日のニュース