ハム宮台 2回零封 右股関節痛から復帰3戦目で好投

[ 2018年10月21日 05:30 ]

フェニックス・リーグ   日本ハム1―0中日 ( 2018年10月20日    SOKKEN )

<日・中>2回を1安打無失点で締めた日本ハム・宮台
Photo By スポニチ

 日本ハムの東大出身左腕・宮台がフェニックス・リーグの中日戦で、右股関節痛から復帰3戦目で初めて複数回となる2イニングを投げ、1安打無失点と好投した。

 最速143キロの直球を軸に抑えたが「高めに浮く球があった。もう少し丁寧に投げたい」と反省も口にした。「4番・一塁」で先発した清宮は2試合ぶりの安打となる中前打をマーク。安打はこの1本だけだったが、8回の最終打席には右翼ポール際へ特大ファウル。「感触は良かった。(当たりは)完璧だったんですが…」と振り返った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2018年10月21日のニュース