ソフトB内川 CS新26打点&47安打 7回ダメ押し2点打

[ 2018年10月21日 05:30 ]

パ・リーグCSファイナルS第4戦   ソフトバンク8―2西武 ( 2018年10月20日    メットライフD )

<西・ソ>7回2死満塁、左前2点打を放つソフトバンク・内川 (撮影・白鳥 佳樹) 
Photo By スポニチ

 ダメを押したのはソフトバンク・内川だ。7回、2点追加で6―2とした後の2死満塁。マーティンのチェンジアップを捉え、左前へ2点適時打を運んだ。

 「4点差だと満塁弾で同点。いい追加点が取れました」。2安打2打点でプレーオフ、CS通算26打点&47安打となり、ともに元中日・和田を上回る新記録を樹立。8月の体調不良などからファイナルSで復帰したが、ブランクは感じさせない。「全員、明日決めると思ってやっていますよ」。ファイナルS(対楽天)で史上初の4試合連続本塁打を放った昨年など過去3度のCSのMVPに輝いた男は、頼もしい言葉を残した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年10月21日のニュース