巨人・吉川尚 来季へ「レベルアップを」 フリー打撃で柵越え披露

[ 2018年10月21日 19:08 ]

巨人・吉川尚はジャイアンツ球場で守備練習
Photo By スポニチ

 左手骨折で8月に戦線離脱した巨人・吉川尚輝内野手(23)が21日、ジャイアンツ球場で行われた3軍練習に参加。フリー打撃では中堅方向に鋭い打球を飛ばし、右翼への柵越えも披露した。来季に向け「しっかりやることをやってレベルアップできるようにしたい。全部の部分でレベルアップできるように」。今月13日に室内練習場でフリー打撃を再開し、状態が上がってきている。

 「2番・二塁」で自身初の開幕スタメンを勝ち取った2年目の今季は、92試合で打率・253、4本塁打。広い守備範囲を誇り、負傷した8月1日DeNA戦まで18試合連続安打もマークした。23歳は、岡本らとともに若返りを図る球団の象徴となっている。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年10月21日のニュース