来季こそ!岡本「レベルアップ」菅野「もっとできた」

[ 2018年10月21日 05:30 ]

帰京する岡本 (撮影・大塚 徹) 
Photo By スポニチ

 巨人ナインは各自で広島の宿舎から帰京。6月から4番の座を守り抜いた岡本は、来季は一年間4番を打つ覚悟を問われ「頑張ります。レベルアップしないといけない」と見据えた。

 史上最年少22歳での3割30本塁打100打点と飛躍の一年だった。リーグ最多タイ15勝を挙げた菅野は、2年連続の沢村賞受賞が決定的だが「もっとできたかなというところも多い。(優勝は)全員が目指しているところ」と振り返った。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年10月21日のニュース