ロッテ井口監督 くじ引く 根尾?藤原?…競合必至

[ 2018年10月21日 05:30 ]

ロッテの井口監督
Photo By スポニチ

 ロッテはドラフト会議で競合した場合、井口監督が抽選くじを引くことが決まった。

 昨年までは2年連続で山室晋也球団社長が担当。1位入札は外したものの、16年は5球団競合の外れ1位・佐々木、17年は3球団競合の安田を引き当てた。同社長から大役を託された指揮官は「僕が引きます。社長命令なので」と承諾。伊東前監督が担当した13年には2球団競合の石川、15年も2球団競合の平沢を当てた。同社長は「自分が育てる選手。自分の手で当ててほしい」と期待した。1位は大阪桐蔭・藤原か根尾が有力で、抽選の可能性が高い。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年10月21日のニュース