ソフトB武田 ピンチで連続三振斬り サイン首振って直球勝負

[ 2018年10月21日 05:30 ]

パ・リーグCSファイナルS第4戦   ソフトバンク8―2西武 ( 2018年10月20日    メットライフD )

<西・ソ>6回2死二、三塁、岡田を三振に抑えガッツポーズする武田(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 5回から2番手で登板したソフトバンク・武田が2回を2安打無失点で勝利投手となった。

 2点差の6回1死二、三塁の同点ピンチで打席に中村を迎えたが「絶対に点をやったらアカン」と、捕手のサインに首を振って直球勝負で全球見逃しの3球三振。岡田も連続三振で切り抜け「気持ちは低め低めで、いい感じで(腕を)叩けた」と笑みを浮かべた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年10月21日のニュース