西武・木村 フェンス激突好捕 打っては反撃2ラン

[ 2018年10月21日 05:30 ]

パ・リーグCSファイナルS第4戦   西武2―8ソフトバンク ( 2018年10月20日    メットライフD )

<西・ソ>4回2死一塁、甲斐の打球をジャンピングキャッチする木村(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 西武・木村が今CS初の先発起用に応えた。まずは0―4の3回無死二塁からライナーで左中間席へ突き刺す反撃の2ラン。守備では4回2死一塁から甲斐の右翼後方への打球を最後はフェンスにぶつかりながら好捕した。

 攻守で存在感を示したが、チームの敗戦に「本塁打はうれしいけど、短期決戦は勝たないと意味がない。切り替えて、明日の試合を全力で取りにいきたい」と笑顔はなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年10月21日のニュース