PR:

明大、期待の右腕・中山が初登板初勝利 延長10回満塁斬りでサヨナラ呼んだ

東京六大学野球秋季リーグ戦第7週最終日   明大4―3立大 ( 2018年10月21日    神宮 )

 明大の2年生右腕・中山晶量(てるかず、鳴門)が延長10回1死二、三塁の場面でリーグ戦初登板。しかも立大の5番・藤野隼人(3年=川越東)のカウントは1ボールからという絶体絶命のピンチ。そんな中でも「わくわくしてマウンドに行きました」と中山は動揺することなく藤野を遊ゴロに仕留め、続く吉田純也(3年=群馬中央中等教育)には死球を与え満塁のピンチも代打佐藤大輝(3年=清水東)を二飛に抑え、その裏のサヨナラ勝ちにつなげた。

 「ベンチ入りしたときから出番はあると思ってました。死球も与えたけど出した走者は仕方ないと割り切って真っすぐで勝負しました」

 1メートル86の長身から投げ下ろす140キロ中盤の速球が武器。伸びしろ十分な右腕が貴重な勝ち点を呼び込んだ。

[ 2018年10月21日 18:17 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:11月16日11時〜12時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      カレッジスポーツ

      特集・コラム