西武ウルフ 第5戦先発へ 雄星は第6戦予定

[ 2018年10月21日 05:30 ]

パ・リーグCSファイナルS第5戦   西武―ソフトバンク ( 2018年10月21日    メットライフD )

キャッチボールで調整するウルフ(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 後がない第5戦の西武先発はウルフに託された。9月30日のシーズン最終登板以来と間隔が空いたが「ブルペンに多めに入って調整した」という。

 左手中指の血マメの影響で第1戦を5回で降板した菊池は、患部の状態を最終判断して問題がなければ第6戦を担う予定。ウルフは「菊池選手をもう一度マウンドに立たせたい」とエースに望みをつなぐ快投を誓った。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年10月21日のニュース