西武崖っ縁…バット直撃の森強行出場へ 浅村危機感「差感じる」

[ 2018年10月21日 05:30 ]

パ・リーグCSファイナルS第4戦   西武2―8ソフトバンク ( 2018年10月20日    メットライフD )

<西・ソ>初回2死、デスパイネのバットが森の左手首を直撃(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 追い詰められた。打ち勝つ野球以前に、これだけ点を取られたら追いつけない。4戦で38失点に西武・辻監督の声も力なかった。

 「38点?それだけ取られてるんだから、なかなかそうは簡単にいかない。後がない。必死にやるしかない」

 先発・今井が初回から2イニング連続で2ランを浴び0―4。3回に2点差に迫ったが、7回に中継ぎ陣の4失点で試合は決した。今シリーズの3敗は全て先制を許した。今井は「期待に応えられなかった」と悔しさをにじませた。

 アクシデントも響いた。初回、デスパイネの初球、空振りしたバットが捕手の森の左手首を直撃し負傷交代した。2点を追う6回2死二、三塁で森に代わり7番・捕手に入った岡田が見逃し三振。辻監督は「あそこで代打を使ってしまうと厳しい。森(の交代)は痛かった。打撃も調子が良かったからね」と不運を嘆いた。立川市内の病院で検査を受けた森は打撲と診断され大事に至らなかったが、「デスパイネはいつも“下がって”と言ってくれるんですけど、僕の不注意です。痛みはあります」と唇をかんだ。「明日は出るつもりで行きます」と悲壮な決意を口にしたが、21日の状態次第で欠場となれば攻撃面でも痛手となる。

 浅村は「相手はシーズンと同じようにプレーしている感じ。僕たちはできていない。正直、差を感じる」と危機感を募らせた。眠れる獅子のまま終わるわけにはいかない。 (春川 英樹)

 ▼ソフトバンク・デスパイネ(2安打もスイングしたバットが森に当たり)残念だ。(森には下がるようお願いしたが、今後も)とにかく下がってくれと言いたい。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年10月21日のニュース