PR:

桐蔭学園・森が逆転サヨナラ満塁弾 V候補・常総学院撃破 秋季高校野球関東大会

秋季高校野球関東大会1回戦   桐蔭学園7―5常総学院 ( 2018年10月21日    山日YBS )

<桐蔭学園・常総学院>逆転サヨナラ満塁弾を放った桐蔭学園の森(写真中)
Photo By スポニチ

 桐蔭学園が劇的な幕切れで優勝候補の常総学院を破った。

 3点を追う9回、敵失で1点を返すとなおも2死満塁で3番で主将の森敬斗内野手(2年)が直球をフルスイング。右翼へ自身初の満塁アーチをたたき込んだ。「人生で1本打てるかどうか。かみしめたかった」と淡々とダイヤモンドをまわった。

 興奮したナインが三塁線上で生還する走者と身体的接触があったとして、常総学院側が猛抗議したが、審判は「身体的援助はなかった」と判断。満塁本塁打は認められ、ゲームセットとなった。

 抗議が実らなかった常総学院ナインはぼう然。佐々木力監督は「一番は序盤に点がとれなかったこと。一度逆転はしたけれど9回、一番良い打者にまわってきてしまって嫌だなと。慎重さに欠いた」と肩を落とした。

[ 2018年10月21日 19:14 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:11月18日06時〜07時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      カレッジスポーツ

      特集・コラム